search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

アルゴンガス 売ってます。

0

    7月に仕入れたのに、アナウンスするのが9月になってしまいました。。。

     

    ワインの保存にきわめて有用なツールです。

     

                

    アルゴン ワインセーブ プロ

    (輸入元 ヴィレッジ・セラーズ)

    インポーター小売希望価格3,500円(税抜)

    弊社販売価格2,975円(税抜)

     

     

    アルゴンガスです。

    ワインの酸化抑制に極めて効果大!

     

    なぜ?

     

    理由1

    アルゴンガスはとことん不活性(何とも反応しない)

     

    アルゴンはいわゆる希ガス

    中学校だか高校だかの理科でやったとおり、

    最外殻の電子が8つで安定しているので、

    他の物質と全然反応しません。

    当然ワインの物質と触れても、なーんにも起きない。

     

    理由2

    アルゴンガスは空気より重い

     

    アルゴンガスの空気に対する比重は1,38

    つまり空気より重い

    だから瓶の中で下に溜まる

    ワインと空気の間にアルゴンの層ができて、

    ワインが酸素と触れるのを防いでくれる

     

    理由3

    アルゴンは身近な物質 安心・無害

     

    アルゴンてなんか工業製品的?みたいなイメージが人によってあるみたいですが、、、

    アルゴンは元素がそのまんまガスになっている

    (常温常圧で気体の状態で自然界に存在している)

    原子に工業的も自然のままも ありませんぜ。

    空気中に約1% もともと含まれていて

    空気から液体窒素や液体酸素を作るときに、

    残りの物質として、集める事ができるらしいです。

     

    (もちろん、アルゴンガスを密閉空間で吸引したりしてはダメですよ。

    毒になるという事ではなく、無酸素状態になってしまうので。)

     

    まー、詳しくはインポーターさんのHPをご覧になった方が早いかも。。。

    http://www.village-cellars.co.jp/pdf/argon_winesave_pro.pdf

     

     

     

    僕も実験してみました。

    実験したのは、

     

    Pinot Noir Niederoesterreich (Weingut Loimer) 2015

    オーストリア  ロイマーのピノ・ノワールです。

     

    経験的にピノ・ノワールは香りがダメになっちゃうのが早い。

    だいたい、放置しておくだけだと、翌日にはダメになりますね。

     

    それをアルゴンガス使って、どの位もつか実験したところ・・・

     

    10日後

    少し香りが抜栓時と変わっているが、美味しく飲める

     

    20日後

    香りは抜けかかっているが、まだ生き生きとした香りも残ってはいて、不快ではない。

    まだ飲める。

     

    ということで、20日後でも(もちろん多少の味わいの劣化はあったけど)

    まだまだ楽しめる状態でした。

     

     

    ピノを20日持たせる事ができるのは、今まではコラヴァンくらいでした。

    (ちなみにコラヴァンももうすぐアルゴンガスに変わるらしい。そうしたらコラヴァンが文句なしの最強。しかし、コスト高い)

     

    この価格で、このパフォーマンスなら、文句ありません。

     

    使えます!

     

    買ってください!!

     

    こちらで購入できまっっす。

    http://onemoreglass.shop-pro.jp/?pid=145317467

     

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック