search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

南アの弱発泡ロゼ。ちょっと苦いやつ。

0

    南アの僕の大好きな造り手バーデンホーストが、

    成り行きで造った??泡のワインをネットショップにUPしました。

     

                

    バルバロッサという地中海品種で南アに唯一残っている希少な畑のブドウから造られています。

     

    インポーターさんによると、

    普通はこのバルバロッサから、スティルの赤を造るのですが、

    たまたま、このヴィンテージだけ、ブドウの状態から、

    普通の赤ワインでなく、ロゼのスパークリングに仕上げるという決定をしたらしいです。

     

    なので、このワインはもう造られないかも知れません。

     

    ドサージュがわりに、彼の自作のヴェルモット(カペリティフ)が使われているらしいです。

    この、カペリティフ由来の、グレープフルーツの皮のような苦味が、

    このスパークリングワインにユニークな個性を与えています。おそらく。

     

    酸は泡ものとしてはあまり強くありません。

    酸味で飲ませるというより、苦味であと引く感じで飲ませるという、

    スパークリングワインというカテゴリでは珍しい味わいの構成です。

     

    教科書的な味ではありませんが、

    面白みがありますので、ご興味わきましたら飲んでみてください。

     

    ちなみに、ラベルの代わりに使用済みの切手が使われています。

    こういうテキトーな発想をそのまま実行してしまうあたりが、なんかいいですね。

     

     

    こちらで購入できます。

     

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック