search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ソムリエ・ワインエキスパート2次試験

0

    受験生の皆さまお疲れ様でした。

     

    昨年・一昨年と僕自身がワインエキスパートを受験し、
    実際に受験生の目線で、
    2次試験をレポートしましたが、
    今年は受験しなかったので、
    スクールの生徒さんの聞き込みからどんなワインだったのかある程度予想します。
     

                

    ソムリエ

    1 甲州 日本 2016年

    2 カベルネ・ソーヴィニヨン オーストラリア 2014

    3 サンジョヴェーゼ イタリア 2014

    4 オー・ド・ヴィー・ド・キルシュ

    5 ドランブイ

     

     

    ソムリエのほうのワインは、特徴がはっきりとしていたようです。
    甲州はぜひ正答したいところ。
    しかしそれなりにアロマティックに感じたという事で、間違えてしまった方もいました。

     

    2はぴたりと当てるのは難しかったかも知れませんが、
    濃色系×ニューワールド で、骨格のしっかりとした味わいという特徴がとれていればOKと思います。

     

    3は難しかったようです。もともとサンジョヴェーゼは受験生にとって難しいですからね。
    イタリアンのソムリエからすると簡単!なのでしょうが。
    僕の必殺投げやり判別法「わかんないけどなんか美味しかったらSvの法則」で当たった方もいました。
    (これは最後の手段なので推奨しません)

     

    4、5は 難しそうで、そうでもなかったようで、そこそこ正答されていたようです。
     

    ワインエキスパート

    1 ソーヴィニヨン・ブラン チリ 2015

    2 ミュスカデ フランス 2016

    3 ガメイ フランス 2015

    4 マルベック アルゼンチン 2015

    5 サンブーカ

     

     

    1のワイン、SBだという事までは難しくなかったようです。
    ただ、チリと回答できた方は少なかったもよう。

     

    2 ミュスカデは、久しぶりの出題でした。
    ミュスカデかもと思いつつ、ニュートラルよりのキャラのシャルドネやリースリング
    と回答してしまった方が多かったようです。
    でもまあ、フランスワインで、淡麗な味わいという特徴が捉えられていれば、
    それでかなりの点数が来ると思います。

     

    3のガメイもそこそこ難しかったようです。
    香りのマークの数が多く、そこから「ガメイならこんなに香りの要素が多彩ではないのでは」
    と考えた方もいたようです。
    確かに、そう考えてしまいますよね。
    それなりにグレード感のあるガメイだったようで、
    簡単ではなかったようです。

     

    4のマルベックも回答できた方は多くなかったもよう。
    色調も、そこまで濃くなく、
    全体的に特徴がとりにくかったようです。

    こちらは安いやつだったんでしょうか。

    フランスのシラーと間違えていた方が多かった模様。

     

    5のサンブーカは、一度体験していたら、迷わなかった筈です。

    スクールの皆さんはだいたい正答されてました。


    全体としては、ワインエキスパートさんの試験のほうがややヒネリがあるのかなと思いました。
    まあ、ソムリエさんは記述もありますからね。

     

    ところで、
    ソムリエ試験の記述で
    オレンジワインについて問われたようです。

    ソムリエ教本にはオレンジワインに関する記述は全くありません。
    要するに、普段の生活の中でどれだけワインの情報にアンテナを張っているかを問われた訳で、
    今までのソムリエ試験と、完全にスタンスが変わりました。

    ワインスクールの打ち上げで、集計をとったところ、
    このオレンジワインに関してまともに回答できた人は、
    1割にも満たなかったようです。
    これだけ昨今騒がれているのに、ちょっと情けない。。。

    なんと僕のクラスの方も、ほとんどできていなかった。。。
    一回、アフタークラス会でも、オレンジワインを持っていった筈なんですが。。。

     

    オレンジワインに関しては
    ・皮醸しの白ワイン または、 赤ワインの手法で造る白ワイン 的な記述
    ・ジョージアのアンフォラを使ったワイン造りが起源
    ・イタリアのフリウリを中心にリバイバル(ヨスコ・グラヴナーの名前を挙げてもいいかも)
    ・自然なタンニンがあるので、SO2添加の必要性が低い

     

    くらいの情報を盛り込めばいいのかなと思います。


    まずは、飲んでみないと始まりません。

    出来なかった人は、買って下さい。

    売ってますので。

     

    コチラね。

     

    あと、これも。

     

    これも1本だけあるよ。

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック