search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【ウィーンおすすめのカフェ】Cafe Sperl カフェ・シュペール

0

    なぜか、突然のカフェ案内です。

     

    今回(2017年8月末)何軒か訪問したカフェのなかで、一番気に入ったところです。

     

    <こんな方におすすめ>

    ・観光なんだけど、ザッハーやデメル、ハヴェルカなどのコテコテすぎる有名カフェはちょっと。。。という方

    ・中心地から、ほんの少し離れてもOKな方

     

    ちなみに私はオーストリアワインのスペシャリストですが、カフェのスペシャリストではないので、

    あまりマニアックな事は分かりません。

    オーストリアは7回目です。あしからず。

     

    Cafe Sperl カフェ・シュペール

    http://www.cafesperl.at/

                

     

    こちらのカフェ、歴史あるカフェらしいですし、

    内装の雰囲気も、いかにも、ウィーンの伝統的カフェ、といった感じです。

    ビリヤード台があって、キューで球を衝く音が時々響くのも個人的にいい感じです。

     

     

    もちろん料理もあります。

    伝統的なウィーン料理を楽しめます。

    僕は、ビーフのスープと、豚のシュニッツェルを頂きました。

     

     

     

    ちなみに、ビールはぬるいので、注意です(笑)

     

    一緒に行った方がデザートでアップルシュトゥルーデルを頼んでましたが、

    それも美味しかったそうです。

     

    ウェイターがほどよくフレンドリーで、それも気に入りました。

    あまりテンション高過ぎたり、ベタベタしてくるのは苦手です。

    かといって、素早いだけで仏頂面のウエイターも嫌。

    ここのウェイターは好みでした。


    が、こちらのお店が気に入った最大の理由は、

     

    中心地からちょっと離れただけなのに、値段が良心的。

    な事。

     

    たとえばステファン寺院周辺などのリンク内では

    伝統的なカフェで、

    ウィンナーシュニッツェルひとつ食べるのに、18~20€ くらいします。

    が、ここでは11€程度。
    スープは3.5€だったかな。
    ほとんど デ○ーズ の価格ですよ。
    もちろん、チップを払ったりしますので、実際はもう少し高くなりますが。
    後日、中心地の有名カフェの価格表をみて、ドン引きしました。。。
    こっちの方がずっといいわ。
    と言う事で、また行きます。
    来年、かな。。。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック