search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【テイスティング】ブラークイル バルバロッサ(A・バーデンホースト)

0

    自宅で一番リラックスした状態でゆっくりワインをテイスティングしてレポートするコーナーです。

     

    Brakkuil Barbarossa (A.A.Badenhorst)2015

    ブラークイル バルバロッサ (A.A.バーデンホースト)


     

                

    生産地:南アフリカ スワートランド地区

    ブドウ:バルバロッサ100%

    生産者:A.A.バーデンホースト

    ALC:13.5%

    2015年

     

     

    試飲:2017年6月

     

    外観は、ルビーとガーネットの中間的な感じ。色調は深みがあり、複雑性を予感させる。

    香りは、しっかりと感じられる。やや開き始めている印象。

    ラズベリー、ブルーベリー、ブラックチェリーなど、赤〜黒のベリー系のアロマが主体で、プラム的なニュアンスも感じられる。

    他に穏やかにバラ、スミレのアロマ。ほんのりとシナモン、スー・ボワ。

    基本的にはフルーティな香りが優勢で、スパイス・土の香りは複雑性を添える程度。

    爆発的ではないが調和的で官能的な香り。

    味わいは、香りとほぼ同様の印象。なめらかなタッチで、ジューシィ。

    果実味が優勢。しっかりと完熟したフルーツの印象を受けるが、過熟感はない。

    アルコール感豊かだが、かといって強すぎる事はない。

    タンニンはややキメが粗いが、中程度の量で気にならない。

    全体的に「丸い」味。

    訊いた事のない品種で、もっとスパイシーかと思ったが、案外に素直で、朗らかなキャラクター。

    果実味一辺倒でなく、複雑性もあり、余韻も長い。

     

    印象としては、南仏のサンソーのジューシィなワインと、シャトーヌフ・デュ・パプを足して2で割ったような感じ。

     

    強烈な印象は残さないが、一本通して食事と楽しめるワイン。

    極端にコスパがいい訳ではないが、価格分の価値は十分にあると感じられた。

     

     

    こんな方にオススメ:

    南仏のオーガニック指向のワインが好きな方。わかりやすすぎないワインが好きな方。大らかな味わいのワインが好きな方。

     

    こんな方にはオススメしない:

    酸フェチの方。 シャープでソリッドでシリアスなワインが好きな方。

     

    こんなシチュエーションで:

    家庭でステーキを焼くとき。ホームパーティで肉系の惣菜が多いとき。

     

    こんなシチュエーションはヤメとけ:

    ここ一番の勝負ワインではない。。。

     

    飲み頃:

    既に飲み頃。あと5年程度は美味しく楽しめるだろうが、熟成向上していく感じではない。

     

    温度:

    15度〜18度くらいがオススメ

     

    グラス:

    ブルゴーニュタイプがよろしいかと。

     

    事前抜栓・デキャンタージュ:

    必要ないでしょう。

     

     

    珍しいけど所詮地味な品種だし、爆発的に売れる銘柄ではありませんが、

    好きな生産者なので、のんびり売っています。

     

    コチラで購入できます。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック