search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2016ソムリエ・ワインエキスパート試験1次試験】ソムリエのみのパートの正答&解説

0

    昨日行われた、ソムリエ・ワインエキスパート試験1次試験

    最後に、ソムリエのみに出題されたパートの正答&解説をします。

     

    全体的な所感はコチラ

     

    ソムリエ・ワインエキスパート共通の問題の正答・解説はコチラ

     

    ワインエキスパートのみに出題された問題の正答・解説はコチラ

     

     

                

    <ソムリエのみに出題された問題 (問題84〜問題119)>

     

    問題 / 正答 /難易度など

     

    <日本>

    問題84A) 正答6 基本

    問題84B) 正答3 基本〜ふつう

    問題85C) 正答2 基本〜ふつう 

    まさかの、日本地図から、A)甲府盆地 B)庄内平野 C)後志地方 の場所を問う問題でした。

    ただの、日本の地理の問題ですが。。。意外と、出来てない人が多かったみたいです。

    ダメダヨー、みんな地図くらいちゃんと見ておかなきゃ。

    僕は大きな声では言えませんが地図好きですが、世の中に地図が好きな人は意外と少ないみたいです。。。

    (昔、村上春樹の「ノルウェイの森」で地図好きの男がdisられていたのを読んで以来、「地図が好き」とあまり言わないようにしている)

     

    問題85A) 正答3 基本

    問題85B) 正答1 基本

    こちらは長野のA)桔梗が原ワインバレー B)千曲川ワインバレー を問う問題で、こっちのほうが簡単だったみたい。

     

    <フランス>

    問題86 正答4 基本

    問題87 正答1 やや難

    ラングドックではLimouxは頻出項目なのですが、ここまで手が回らない人も多いでしょう。

     

    問題88 正答A 基本

    コート・ド・ボーヌに関する基本ですが、わりといい問題だと思います。

     

    <イタリア>

    問題89 正答1 基本

    今年も出ました、Roero。このD.O.C.G.は本当によく狙われる

     

    <スペイン>

    問題90 正答1 基本 

    問題91 正答2 やや難問 

    シェリーの熟成に関する表記はやや発展的な事項

     

    スペインに関しては、全部通してリオハとカヴァとシェリーの問題だけ、と、発展著しい産地にしては、物足りない出題の印象。

    シェリーで3問は、バランスを欠いている気がする

     

    <ポルトガル>

    問題92 正答4 やや難問 マデイラに関するやや発展的な設問

     

    <ドイツ>

    問題93 正答2 基本

    ヴァイスブルグンダー=ブルゴーニュの白いの。 ドイツ語が解ればワイン知らなくてもできる問題

     

    <オーストリア>

    問題94A)正答1 やや難

    問題95B)正答6 基本

    ヴァッハウの場所を問う問題。簡単だと思うのですが、改めて訊かれると分からない人が多かったみたい。

    解らなかった人は、これを飲んで復習すること

     

    ↑ちなみにこの生産者は、ヴァッハウのワインでも、スマラクトやフェダーシュピールなどの呼称を使いません。

    何故だかわかりますか?考えてみてください。

     

    <ハンガリー>

    問題95 正答4 ふつう

    トカイは頻出項目ですが、糖度規定まで覚えている人は多くないかも。

     

    <スイス>

    問題96 正答4 ふつう〜やや難

    スイスで新傾向問題。「1988年からスイスで初めてA.O.C.を導入した生産地」これは普通わからない。けど、「国際都市として有名」 これだけで解ける

     

    <スロヴェニア>

    問題97 正答1 難問

    問題97 スロヴェニアで最も赤ワイン生産量が多い地域を1つ選び、解答欄にマークしてください。

    1 プリモルスカ地域

    2 ポサウイ地域

    3 ポドラウイエ地域

    こんな問題、できるワケねえだろ!と笑ってしまいます。

    まあ、ここはエンピツを転がして、とっとと次に進むところでしょう。

     

    <クロアチア>

    問題98 正答1 難問

    問題98 クロアチアのブドウ品種「Frankovka」の別名を1つ選び、解答欄にマークしてください

    1 Blaufraenkisch

    2 Pinot Blanc

    3 Portgieser

    4 Chardonnay

    これも相当難しいですね。

    ただfraenkisch(aにウムラウトは環境によってはちゃんと表示されないので、aeで表記してます)

    とFrank

    は似てるので、そこから推理すれば、1Blaufraenkischと出来なくもない。

    ブラウフレンキッシュは、中央ヨーロッパを代表する高貴ブドウ品種で、ドイツではレンベルガー、ハンガリーではケークフランコシュ、クロアチアではフランコフカと呼ばれます。

    出来なかった人はシノハラおすすめのブラウフレンキッシュを飲んで反省しよう。

     

    <ルーマニア>

    問題99 正答2 難問

    問題99 ルーマニアのワインに関する記述の中から正しいものを1つ選び、解答欄にマークしてください。

    1 ワイン生産の歴史は古く、紀元前100年頃からといわれている

    2 生産されたワインの約90%が、国内で消費されている

    3 品質が飛躍的に向上したのは、第2次世界大戦後の1960年頃である

    4 ワイン法のDAC法はEUの規定よりも厳しいとされている

    ルーマニアのワインは、ほとんどわからなくても

    1960年代に品質向上、というのは、冷戦時代の中央ヨーロッパという事を考えるとたぶん違う

    DACは、これはオーストリアの事かなあと、曖昧に予測して外す

    あとは、もう適当にやるしかないですねえ〜

     

    <ブルガリア>

    問題100 3 難問

    問題100 ブルガリア独特のブドウ品種で白ブドウを1つ選び、解答欄にマークしてください。

    1 Mavrud

    2 Pamid

    3 Red Misket

    4 Gamza

    これもほとんどの人がわからないでしょう。

    ただ、「白ブドウを選べ」で、選択肢に「Red Misket」があるのは、いかにも怪しいと睨んで、正答した人もいたようです。

    素晴らしいですね!

     

    <アメリカ>

    問題101 正答2 やや難

    この問題は無効になるかも知れません

    問題101 Central Coastに属するAVAを1つ選び、解答欄にマークしてください

    1 Oakville

    2 Rockpile

    3 Santa Cruz Mountains

    4 Alexander Valley

    1,2,4はナパとソノマのA.V.A.なので、答えは3に決まりですが、

    教本に「Santa Cruz MountainsはCentral Coast A.V.A.には含まれない」との記述もあるので、ややケチのつく問題です。

     

    問題102 正答1 難問

    ワシントン州とオレゴン州の、知名度の高くないA.V.A.の中から、ワシントン州のものを選ぶ問題で、難問といっていいでしょう。

     

    <カナダ>

    問題103 正答4 基本

     

    <アルゼンチン>

    問題104 正答1 ふつう

     

    <チリ>

    問題105 正答1 基本

     

    <オーストラリア>

    問題106 正答1 難問 

    この年号を問う事が受験生にとってプラスになるのかと、出題者に問いたい。

     

    問題107 正答1 ふつう 

    訊き方は、難問っぽいが、実は簡単な問題

     

    <南アフリカ>

    問題108 正答2 ふつう 

    ごちゃごちゃ書いてますが「西ケープ州最大の産地」だけでステレンボッシュに決まり

     

    訂正⇒正答4

    ???スワートランドが正解だそうです。

    うーん。これは問題の不備と言えるんじゃないかなあ。

     

    「西ケープ州最大」そりゃ、土地の面積はスワートランドのほうが大きいですが、作付は圧倒的にステレンボッシュが多いはず。

    生徒さんに「南アフリカで注目の産地はスワートランド」と教えていたのですが。。。

    とりあえず、自分が販売しているスワートランドのワインのリンクを張ってごまかそう!

     

    <テイスティング>

    問題109 正答1 基本

    問題110 正答2 難問

    何のヒネリもなく、素直に難問です。こういう真っ当な難問は、何問か(ダジャレではない)出すべき

     

    <ワインと料理>

    問題111 正答1 難問

    問題111 Sauce Soubiseと最も相性のよいワインのタイプを1つ選び、解答欄にマークしてください。

    1 コクのある白

    2 辛口で酸が爽やかな白

    3 コクのあるスパイシーな赤

    4 なめらかなタンニンの赤

    久しぶりに出ました、ソースの問題。

    高級フレンチのソムリエが協会を牛耳っていた頃(まあ今もそうだけど、今よりずっと)のソムリエ試験では時々出た問題。

    もはや、現職のフレンチのソムリエにも関係ないような、古典的なソース、と、ワインの合わせ

    イタリアンのソムリエ等からクレームが入りそうだ(笑)

    でも、何事も古典は大事!

    変な年号の問題よりは、いいと個人的に思う。

     

    問題112 正答3 ふつう

    綴りからマルケ州の料理とわかるので、マルケ州のワインを選ぶ

     

    <ワインの購入・管理・提案・販売>

    問題113 正答1 基本

    問題114 正答3 基本 常識的に考えれば解ける

    問題115 正答2 ふつう インポーターさんからすれば、基本なんだけど、町場のソムリエにはなかなか難しいよね。

    問題116 正答2 ふつう 前問同様

     

    <ソムリエの職責とサービス実技>

    問題117 正答4 基本

    問題118 正答4 ふつう これは、逆に現職のソムリエには簡単だよね。

     

    <日本酒>

    問題119 正答3 ふつう

    日本酒に関しても、この程度の問題は解けなきゃ、という事項

    山田錦・・・最もメジャー(という事はある程度歴史ある)

    雄町・・・江戸時代から生き残っている品種

    なのだから、当然一番新しいのは 3美山錦

     

     

    ※ソムリエの出題は、かなりの難問ぞろいでした。

    このパートで7割以上取った方は相当な強者ですね。

     

     

    以上で全問の正解&解説終わりです!

     

    ではみなさん、2次試験に向けて頑張りましょう!

     

     

    しつこいけど、2次対策講座、来てくださいね!!

    外部生も歓迎します。

     

    25日木曜から、恵比寿校・新宿校でいっぱい開催の2次対策講座

     

    9月4日からの4回シリーズ講義 シノハラによるテイスティング道場(新宿)

     

    ヨロシクお願いします!!

     

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック