search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2016ソムリエ・ワインエキスパート試験1次試験】共通問題の正答&解説

0

    以下、ソムリエ・ワインエキスパート試験共通問題(問1〜問83)の正答と解説です。

     

    一次試験全体の所感はこちら

     

    「全問の解答」はこちらよりご覧ください。

    http://www.duvin.jp/info/000309.html

     

     

    ※急いで作成しましたので、細かい間違い等があるかも知れません。

    お気づきの点がございましたら、ご指摘ください。

                

    <問題1〜問題83 ソムリエ・ワインエキスパート共通問題>

    問題 / 答え / 難易度など


    <ワイン概論・その他のお酒>
    問題1  正答3
    問題2  正答3
    問題3  正答3
    問題4  正答3
    問題5  正答3
    問題6  正答3
    問題7  正答4
    問題8  正答3
    問題9  正答1
    問題10 正答3
    問題11 正答1
    問題12 正答2
    問題13 正答1
    問題14 正答1 以上全部基本。

     

    ここまでは、基本中の基本ですので、100%とりたいところです。
    後ろで、かなり難しい問題も出ますが、はっきり言ってそういった問題で合否は決まりません。
    こういった、基本問題をいかにしっかりと得点していくか。
    結局は、そこで決まります。

     

    問題15 正答2 やや難
    チナールの原料までは、やや難しかったかも知れません。


    <日本>
    問題16 正答1 基本中の基本
    問題17 正答2 やや難。日本のデータ問題は、やや難しいですね。
    問題18 正答3 基本
    問題19 正答4 基本。常識的に考えればわかる
    問題20 正答3 やや難。ここは、間違いやすいポイントで、生産量1位はメルロで、栽培面積1位はシャルドネです

     

    <フランス>
    問題21 正答1 基本
    問題22 正答2 基本
    問題23 正答3 基本。その産地の概要をいかに正確に把握しているかを問う問題
    問題24 正答2 やや難。ワインそのものと直接関係ないので、やや難しいかも。
    問題25 正答2 基本
    問題26 正答1 やや難。こういう特色のない広域のACのタイプを訊く問題は、やや難しいですね。
    問題27 正答4 基本
    問題28 正答E 基本

     

    教本のこのモレ・サン・ドニとシャンボール周辺の地図は出るとは思っていなかった。
    なぜなら、
    グラン・クリュのMusignyとClos de la Roche、Clos St.DenisのACの範囲が思いっきり間違っているから。
    (講義で生徒さんには言いませんでした。問題を解くのには支障がないからです。また、ブルゴーニュに詳しい方ならこの地図が間違っているのは一目瞭然なので、
    きっと試験に使う事はないだろうと読んでいました。)

    Bonnes-Maresとは関係ないので、普通に正答できますがね。。。


    (教本の間違いの解説:例えばMusignyのエリアはもっとずっと広い。

    この図は、AC Musignyの中のリュー・ディLes Musignyだけに色がついてしまっている。

    実際のAC Musignyはリュー・ディのレベルで言うと、Les Musigny、Les Petits Musigny、La Combe d'Orveauxの一部、からなる。
    クロ・ド・ラ・ロッシュとクロ・サン・ドニもこんなに小さい筈がない。

    これもACクロ・ド・ラ・ロッシュ内のリュー・ディ クロ・ド・ラ・ロッシュだけに色がついてしまっている。
    この図だと、クロ・ド・ラ・ロッシュとクロ・サン・ドニの間のエリアが、村名格の畑という事になるが、そんな訳ないよね?

    そこも当然グラン・クリュです。)

     

    問題29 正答3 シャロネーズまできっちり覚えるのは大変だが、これも基本問題
    問題30 正答3 ふつう

    今年の教本から記述が変わったところ(6年⇒60か月)

    今年の教本を反映していないテキスト等を使って勉強した方は出来なかったかも。
    レコール・デュ・ヴァンの生徒にはしつこく教えましたよね。

     

    問題31 正答2 何が訊きたいのかよくわからない問題だが、基本。
    問題32 正答2 ローヌは細かいところまで知っておきべき。エルミタージュの白は現実にはほとんど見かけないが、この問題も基本の範疇。
    問題33 正答1 基本
    問題34 正答1 基本
    問題35 正答2 超基本
    問題36 正答1 細かい知識だが、基本
    問題37 正答3 ロワールのACまで、なかなか手が回らないものだが、問題としては基本
    問題38 正答4 

    細かく感じるかも知れないが、コトー・デュ・レイヨン、カール・ド・ショーム、ボンヌゾーでロワールの3大貴腐 は昔から言われるところなので、まあ基本の範疇

     

    <イタリア>
    問題39 地図問題 A〜E すべて著名なD.O.C.G.であり、基本問題
    イタリアは、とにかく基本を漏らさず取るのがポイント。

    (発展的な事項はキリがないのでイタリアンのソムリエ以外深入りしないほうがいい)
    このような問題を確実に取るべき。

    A)正答 3
    B)正答 5
    C)正答 2
    D)正答 7
    E)正答 1

    問題40 正答4 ピエモンテとトスカーナに関しては、突っ込んだ問題がされるという過去の傾向どおりの出題。基本
    問題41 正答4 ネッビオーロのシノニウムとも絡めて記憶すべき事項。基本
    問題42 正答4 基本
    問題43 正答2 基本中の基本

    イタリアのソムリエ・ワインエキスパート共通の問題は、すべて基本的な事項であり、満点をとりたいところ。

     

    <スペイン>
    問題44 正答3 基本
    問題45 正答3 ふつう。細かい知識だが、スペインのワイン法の熟成規定は頻出項目
    問題46 正答1 ふつう。こちらもやや細かいが、有名産地なのでこれくらいの知識は要求されてもおかしくない。
    問題47 正答4 基本
    問題48 正答3 基本

     

    <ポルトガル>
    問題49 正答3 これは難問の部類に入るかな
    教本のこういった細かい部分まで読んでいる人は稀だろう。
    しかし、これに関するそのものズバリ、な知識がなくても問題は解けるものだ。

     

    問題49
    16世紀半ばから17世紀初期の南蛮貿易で、織田信長公に献上されたポルトガルの赤ワインの名称を1つ選び、解答欄にマークしてください。
    1.珍紅酒
    2.珍葡酒
    3.珍蛇酒
    4.葡萄牙

    (わからなくても解く方法1)
    さて、この中の一つが正解な訳だが、よくみると、アタマに「珍」の字が入るのが、3つある。
    もし、正解が4なら1〜3は、ひっかけとして、「ネタが被っている」ので、出題者心理を考えるとおかしい。
    なので、1〜3に答えがあると予測する。
    「紅」「葡」「蛇」
    この3字のうち、「紅」「葡」は、出題者がひっかけの選択肢として、思いつきそうな字だ。
    ワインの問題なのに、「蛇」とうい字は、普通ひっかけとして思いつかない。
    なので、「3」

     

    また、こんな考え方もある

     

    (わからなくても解く方法2)
    だいたいにおいて外来語を漢字で書くときは、意味ではなく単純に発音を反映している。
    アメリカ「亜米利加」しかり
    フランス「仏蘭西」しかり。

    (ちなみに4.は「ポルトガル」だよね)
    そう考えると、3は珍蛇は「ちんだ」と読め ポルトガル語の赤「ティント」「ティンタ」と似ている。
    ポルトガル人が赤ワインを指して「ティント」とか「ティンタ」と言ったのを、昔の日本人がこの字を充てたのだろうと推測

    よって「3」


    問題50 正答1 ふつう。これもやや難しいか。ポルトガルの酒精強化以外まで手が回らない人も多かったのではないか。
    問題51 正答2 基本。ポートのタイプは頻出事項

     

    <ドイツ>
    問題52 正答2 基本。特定栽培地域に関する基礎的な知識
    問題53 正答1 基本。こういう問題を深く考えすぎないこと。素直にシュペートブルグンダー。
    問題54 正答2 基本。ドイツのワイン法に関する頻出事項
    問題55 正答2 難問。Dominaの交配の組み合わせは、やや発展的な事項。できなくてもしょうがない。

     

    <オーストリア>
    問題56 正答3 基本。何が訊きたいのかよくわからない問題。もう少しオシャレな問題は作れないものか??とはいえ、簡単。
    問題57 正答1 ふつう。過去に同じ問題あり。ちなみに僕はオーストリアワインの専門家ですが、いまだにBergweinの表記を見た事がありません。。。

     

    <ハンガリー>
    問題58 正答2 見慣れない問題かも知れないが、ハンガリーがヨーロッパのどの辺にあるか分かれば常識的に解ける

     

    <ギリシャ>
    問題59 正答1 やや難問 

     

    知らない問題も、「何もかも知らない」訳はない。3「ピエス」はブルゴーニュの樽だよね(これ基本。)そうすると3択になる。
    こういう、「わからない問題の正答率を上げる」事が、1,2点の差を生む事になる。

     

    <アメリカ>
    問題60 正答 A)2
            B)4
            C)1
            D)3 ぜんぶ基本
    正直この問題はよくない問題だと思う。ウロ覚えでもできるし、いくつか分かれば残りの答えが消去法で決まってしまう。
    これで4点あげてしまうと、ほんとうの実力がわからない。

     

    問題61 正答B 基本

    一生懸命アメリカを勉強した人には、拍子抜けするような問題で、問60と併せこれで5点の配点はどなんでしょうね。。。

     

    <カナダ>
    問題62 正答3 やや難 カナダについての基本事項だが、そもそもカナダに手が回らない人も多いので、正答率は高くないのではないか。

     

    <アルゼンチン>
    問題63 正答4 基本

     

    <チリ>
    問題64 正答3 基本 素直に国の基本的な気候を答える。

     

    <オーストラリア>
    問題65 正答1 ふつう 細かい記述だが、産地自体は有名産地
    問題66 正答2 基本 
    この、問65,66で、同じ産地に関する知識で2点取れてしまうので、問題の構成としてよくないと思う。

    問題67 正答3 基本

     

    <ニュージーランド>
    問題68 正答4 やや難 オタゴに関して「半大陸性気候」という切り口はやや難しかったかも。
    問題69 正答3 基本中の基本
    問題70 正答3 基本。わからない時は素直にワールド・スタンダードの85%を選べばよろしい。

     

    <南アフリカ>
    問題71 正答3 基本

     

    <テイスティング>
    問題72 正答2 基本

    問題は簡単ですが、この問題は問題文が日本語としておかしいですね。
    キャンディという言葉は、キャンディしか表さないと思いますが。。。
    「キャンディの香りは、第2アロマに分類される」という事ですよね。
    まあ、昔からソムリエ試験の不正確でいい加減な言葉遣いは挙げればキリがありませんが。

     

    問題73 正答3 ふつう。 何が訊きたいのか、よくわからない問題です。

     

    <ワインと料理>
    問題74 正答4 基本。知らなくても、常識的に考えれば解ける問題
    問題75 正答4 ふつう。コンテはチーズとしては超メジャーですが、チーズまで手が回らないのでは。ジュラ地方の特産です。
    問題76 正答1 基本中の基本

     

    <ソムリエの職責とサービス実技>
    問題77 正答2 ふつう 頻出ですが、ちゃんと覚えている人は多くはないかなと。
    問題78 正答4 基本 過去にも同じ問題が出題されてます。

     

    <日本酒>
    問題79 正答3 ふつう 日本酒は、ポイントが絞りにくかったと思いますが、渋いところを訊いてきましたね。
    問題80 正答1 基本 というかただの日本語の問題
    問題81 正答3 基本 教本を1回読んでおけばできる問題
    問題82 正答3 基本 はっきり言って、しょーもない問題。
    問題83 正答2 ふつう わからない時はシンプルに考えるのがセオリー「酒槽」と「上槽」は何か関係あると考える

     

    総括
    ※この問題83までは、全般的に言って基本的な出題が中心であり、
    たとえばスクールで「これは覚えてね」といったところを、ちゃんと覚えていれば、ほとんどの問題は取れた筈です。
    私見ですが、合否を決めるのは、「ゆるぎない基礎」であり、
    この、問83迄が、9割がた出来た方は、基礎がしっかり固まっている。

    ソムリエ・ワインエキスパートともに、問84以降は、トリッキーな問題も続きますが、
    結局のところ、そこら辺で合否は決まらない、とかんがえています。

     

    つづいて、

    ワインエキスパート受験者のみの出題はコチラ

     

    ソムリエ受験者のみの出題はコチラ

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    シノハラが教えている、ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン

     

    2次試験対策講座 (恵比寿・新宿校でたっくさん開催)

     

    シノハラによる、テイスティング対策連続講義(新宿)

     

    よろしくです!

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック