search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【ソムリエ試験対策?】99.9%出ない問題 その1

0

    ソムリエ試験まであと20日余り。

     

     

    ワインスクールの補講用の、

    創作問題をいろいろと考えているのですが、、、

     

    「試験には、ほぼ間違いなく出ない。

    だから

    ボツ、

     

    ・・・なんだけど、

    自分としては、

    結構重要だと思うから知っておいてもらいたい。」

     

    そんな、問題を思いついてしまったりするのです。。。

     

     

    ソムリエ試験対策としては、完全に蛇足。

     

    でも

    個人的には、

    「オーストラリアで初めてワインが造られたのが何年か」

    (それが現在のオーストラリアワインと何の関係が???)

    とか、

    「シャトーヌフ・デュ・パプで使用できない品種」

    (入ってないんだから、関係ないじゃん???)

    とか

    そんなのを覚えさせるより、よっぽど大事だと思うんだけどな??

     

    たとえば、こんな問題。

     

                

    Q1

    イタリアのピエモンテ州や、トスカーナ州などで伝統的に、熟成用に使用される大樽の産地は?

    1.スロヴェニア  2.クロアチア 

     

    答え:2

     

    昔からさんざんスロヴェニアン・オークと習っていましたが、間違いで、正しくは、

    スラヴォニアン・オークです。

    教本の、冒頭のワイン概論のところは、今でも、「スロヴェニア産オーク」とか書いてます。

    ほんと、ソムリエ教本の間違いの多さは、ギネス級です。。。

    (今年の教本なんて、ソルビン酸の許容量を間違えているし、、、あり得んよ。)

     

    教本の、クロアチア、スラヴォニア地方の項には、ちゃんと樽材の供給地としての記載があります。

     

     

     

     

    Q2

    シャンパーニュで使用できるブドウ品種は、ピノ・ノワール、ムニエ、シャルドネの3種である。

    1.Yes  2.No

     

     

    答え:2

    これも、ソムリエ教本を読んでると、この3種以外ないような記述です。

     

    でも、シャンパーニュ好きの方なら、他の品種のシャンパーニュも飲んだ事があるのでは?

    僕も、ピノ・ブラン100%のプティ・カミュザという生産者のシャンパーニュは好きな銘柄の一つです。

     

    ※AOC法上、使用できる品種は、ピノ系の品種と、アルバンヌ、プティ・メリエで、全部で7種です。

     

    今日び、特に、R.M.の生産者は個性を打ち出しているので、

    マイナー品種を使う人も多く、

    この知識は、結構重要だと思うのだけどな。。。

     

     

     

    Q3

    ピノタージュは、交配品種であるが、次の中に該当する掛け合わせはあるか。

     

    1.ピノ・ノワール × カリニャン

    2.ピノ・ノワール × シラー

    3.サンソー × ピノ・ノワール

    4.上記で該当するものはない

     

     

    答え:4

    ソムリエ試験を受験する皆さんは、

    ロボットみたいに掛け合わせを覚えるハメになるのですが、

    そもそも基本事項として

     

    ピノ・ノワール × サンソー

    サンソー × ピノ・ノワール

    は別物だ

     

    という事を理解されているのかな?

     

    (僕のクラスではちゃんと説明してます)

     

    ピノ・ノワール×サンソーは、

    「サンソーの雄しべと、ピノ・ノワールの雌しべと受粉させた」

    という事

    (雌しべ)×(雄しべ)と書く決まりなのです。

    なので、上記2つは別物です。

     

    ついでに言っとくと、

    ピノ・ノワール×サンソー

    が、自動的にすべてピノタージュになるものでもありません。

     

    父親、母親が一緒でも、子供はそれぞれ別ですから。。。

     

    このへん、

    有性生殖と無性生殖(クローン増殖)

    を意識しないと、勘違いしてしまいます。

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    「(雌しべ)×(雄しべ)と書く決まり」と言うことは知りませんでした。
    参考になります。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック