search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2016オーストリア訪問記】ウィーンのブドウ畑を歩く

0

    ウィーンで、美術館めぐりや、音楽鑑賞など、

    一通りの観光をすまして

    さて、あとは何をやろうかな?

    という時に、

    ワイン好きの方なら

    「ホイリゲに行く!」

    これは、基本です(笑)

     

    さらに、

    気候がよければ、ブドウ畑のハイキングはいかがでしょう?

    ウィーンは世界で唯一、首都でありながらまとまった生産量のワインを造っている場所です。

    ウィーンに畑は、600haあるんですよ。

    しかも、安ワインだけではなく、

    世界的に見ても高品質&ユニークなワイン(ゲミシュター・サッツ)を作っている銘醸地です。

     

    ワイナリーツアーなどに参加しなくても、

    ヌスベルグというウィーン北部のエリアなら、

    電車とバスと歩きで、充分畑を見て回れます。

    しかもヌスベルグは、ウィーン最高のワインを産する場所です。

     

    ウィーンのブドウ畑のすばらしさを、

    たくさんの観光客の皆さんに知ってもらいたいので、

    参考までに、先日、僕が歩いたルートをGoogleマイマップなる機能を使って、

    まとめてみました。

     

     

    <ウィーンのブドウ畑散策>

    2016年6月7日

    出発地:ハイリゲンシュタット駅 午後7時ごろ

    帰着地:ヌスドルフ広場 午後9時ごろ

    バスと歩きで、3時間程度でした。

    ちなみに、おひとり様です。

     

    装備はいたって普通です。

    (普通に、近所の人がジョギングや犬の散歩をしていたりする場所ですので、登山の格好ですと逆に浮きます)

    ただ、歩きやすい靴のほうがいいと思います。

    また、急な天候の変化があるので、雨具はかならず持つようにしましょう。

    実際、この前日は急な雨で、畑でのディナーパーティーが台無しになりました。

     

     

     

    https://drive.google.com/open?id=1FKjvrjbI3Hdin9Rm7brpXe0DYD0&usp=sharing

     

     

     

     

                

    DSC_0503_R.JPG

    バス停を降りて運転手さんの情報を信じ、怪しい道を進む。

     

    DSC_0506_R.JPG

    怪しい道は、ただのカーブのショートカットでした。

    その後、普通に道路沿いを歩く。

     

    DSC_0507_R.JPG

    道路沿いは特に見どころもなし。

     

    DSC_0509_R.JPG

    ひらけた場所に出た。

    畑だけ歩きたい方は、ここまでタクシーで来るのも手かと。

     

    DSC_0508_R.JPG

    畑への入り口。

     

    DSC_0510_R.JPG

    夕方と見せかけて、20時頃です。

     

    DSC_0512_R.JPG

    つい、土壌もチェックしてしまう。石灰含有率が高いですね。

     

    DSC_0513_R.JPG

    眼下にウィーン中心部を望む。

     

    DSC_0515_R.JPG

     

    DSC_0516_R.JPG

    違う区画に出たところ。

     

    DSC_0517_R.JPG

    今までヌスベルグと一緒くたに考えていたが、ヌスベルグのエリア内でもこれだけ立地にバラエティがある。

     

    DSC_0518_R.JPG

    普通にジョギングしてる人、多し。

     

    DSC_0519_R.JPG

    こんな場所がジョギングコースとは、東京では考えられない。

     

    DSC_0521_R.JPG

    野ウサギもいました。

     

    DSC_0523_R.JPG

     

    DSC_0526_R.JPG

    マイヤー・アム・ヌスベルグ

    有名ホイリゲであり、ワイン生産者

    マイヤー・アム・プファルプラッツが丘の上で期間限定で営業してる店。

    平日なのでお休みでした。

     

    DSC_0528_R.JPG

    マイヤー・アム・ヌスベルグ

     

    DSC_0531_R.JPG

    こちらのホイリゲは営業してました。

     

    DSC_0532_R.JPG

    一帯の地図。いまいちよくわからない地図でした。

    Googleの位置情報がかなり正確で、スマホがあれば迷いません。

     

    DSC_0534_R.JPG

    夕陽と重ねて。

     

    DSC_0540_R.JPG

    ヴィーニンガーの丘の上の食堂もお休みでした。

     

    DSC_0541_R.JPG

    ウィーン北東部を望む。

     

    DSC_0542_R.JPG

    ハイサン・ノイマンの畑

     

    DSC_0547_R.JPG

    ウィーン中心部を見下ろす

     

    DSC_0552_R.JPG

    ここが、畑と街との境界

     

    DSC_0553_R.JPG

    トラムの駅のそばの居酒屋?

     

    以上です。

    観光の皆さんのご参考になれば幸いです。

     

     

     

    ・・・あ、ウィーンのトップ生産者Wieningerヴィーニンガーのワイン

    お土産のフリして、日本で調達するなら、

    ぜひコチラからよろしくお願いしまーす。

    http://onemoreglass.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1760912&csid=3

     

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック