search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2016オーストリア訪問記1】ホイリゲでパーティ

0
    <6月2日>

    ウィーン到着
    ホテルにチェックイン

    今回滞在するのは、Hotel am Konzerthaus
    ウィーン中心部にほど近い、便利なホテルです。
    5年前のオーストリアワイン大使研修旅行でも、ここに泊まりました。

     
                
    ホイリゲに移動

    今回のオーストリア訪問はVieVinumへの参加が主な目的です。
    Vie Vinumヴィーヴィヌムは、2年に1回開催されるオーストリアワインの大見本市で、
    オーストリアじゅうの主要な生産者のワインを、テイスティングできます。
    6/4-6の3日間開催され、午後からは一般のワイン愛好家の方も入場できます。
    6月にウィーンに行かれる予定の方は、旅程に組み込むと面白いと思いますよ。

    Vie Vinum期間前後は、各生産者団体のサイドイベントなども目白押しで、
    夕食は基本的に、そういうイベントで済ませてしまいます。

    二日は、AWMB(オーストリアワインマーケティング協会)
    主催の
    Get-Togetherホイリゲパーティ

    場所は、
    Heuriger Furgassl-Huberです。

    http://www.fuhrgassl-huber.at/


    ここも、数年前にも訪問した事があります。



    協会主催・プロ限定なので、
    オーストリア中から、ピックアップしたワインが60種ほどテイスティングできます。

    ホイリゲの雰囲気は、こんな感じです。














    ウィーンでも、かなり郊外にあるホイリゲですが、
    雰囲気もよく料理もなかなか美味しかったです。



    以下、気になったワインなど。



    Ernst Triebaumer Blaufraenkisch Mariental2012
    マリエンタールも飲み放題!(ガブ飲みする輩はいませんが。)



    Bretz Weissburgunder 2002
    14年熟成の、クリーミーでオイリーなピノ・ブラン・・・
    知らない造り手です。。。
    オーストリアでは珍しいラントヴァイン(フランスのIGP・昔ふうに言うとヴァン・ド・ペイにあたるカテゴリ)




    Knoll Riesling Smaragd Shutt2014
    普段濃すぎて苦手なクノルが、
    寒かった2014年らしく、ちょうどいい(僕にとって)バランスになっており気に入りました。

    とりあえず、こんなところで。

    デザート、毎度の事ですが強烈に甘かった!!
    海外旅行の洗礼ですね。。。


     
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック