search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【大変だぁ、ワインアドバイザー試験消滅】ソムリエ試験が大幅に変わります!

0
    日本ソムリエ協会から、ビックリのお知らせがありました。

    なんと、今年から

    ワインアドバイザーの試験がなくなります!


     
                
    詳しくはコチラを。


    従来、日本ソムリエ協会では、レストラン等でワインを取り扱う者を「ソムリエ
    酒販店やインポーターなどのワイン販売者のプロフェッショナルを「ワインアドバイザー
    一般のワイン愛好家で、ワインに確かな見識をもつ方を「ワインエキスパート」と
    3つの呼称を定義し、認定試験を行っていましたが、
    この度、
    O.I.V.国際ブドウ・ブドウ酒機構により「ソムリエ定義」がなされ、
    それによると、
    日本ソムリエ協会が「ワインアドバイザー」と呼んでいた職業・業務も、
    「ソムリエ」の定義に含まれる
    、という事らしいのです。

    ですから、
    これからは酒販店・インポーターの方なども、ソムリエ協会の受験においては「ソムリエ」を受験する事になります。

    ちなみに、今まで「ワインアドバイザー」を認定された方の、認定が取り消されたり、呼称が消滅する事はありません。
    そして、希望者は一定の手続きを経て「ワインアドバイザー」から「ソムリエ」へ名義替えができるようです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    そしてそして、もう一点は、
    JSA認定試験のスケジュールの大幅な変更。



    昨年(2015年)は、
    一次試験(学科)(3呼称共通)が8月中旬
    二次試験(テイスティングと口頭試問(ワインアドバイザー)、抜栓実技(ソムリエ)が 10月半ば
    の開催でしたが、

    今年は、
    1次試験(学科) 2呼称共通 8月21日(日)
    2次試験(テイスティング) 9月26日(月)2呼称で、同時刻に試験開始(終了はソムリエが10分早い)
    3時試験!(抜栓実技) 11月7日(月) ソムリエのみ
    と、3次試験まである制度に!


    3次試験が終わるのは、11月
    ボージョレー・ヌーヴォーの準備で最高に忙しい時期です!
    まあでも、実技は日ごろちきんと練習していれば、どうという事はないですから。。。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    <2016年、ソムリエ・ワインエキスパート試験の学習スケジュールの注意点>

    昨年からの変更点をまとめると
     
    1.ワインアドバイザー呼称試験の廃止・ソムリエ試験への統合
    2.テイスティング試験 昨年10/16 今年9/26
    3.抜栓実技は3次試験として11月に開催

     

    (緊張の抜栓実技が11月に!)

    それぞれの受験者の立場によって、今年の勉強の注意点をまとめると・・・
     
    ☆ソムリエ・・・
    テイスティングと実技が別の日に開催される事によって、忙しい業務の合間を縫っての勉強のポイントが絞りやすくなり、取り組みやすくなったかも知れない。ただ3次試験の頃は繁忙期に入るので、抜栓実技は早めに練習を積んでおき、2次試験頃までには既に合格ラインのスキルを得ている事が望ましい。

    ☆ワインアドバイザーを受ける積りだった方・・・
    2次の口頭試問がなくなった事は勉強にほとんど影響を与えないが、抜栓実技が加わった事は大きなプレッシャーとなる。
    飲食業でワインを日常的にサーヴする方と一緒に試験を受ける事になるので、本番で彼らに見劣りしないスキルが求められる。
    たぶん今年の試験で一番負担が増えたのは、この方たち

    ☆ワインエキスパート・・・
    1次試験が終わってから、2次試験までの期間が、昨年より約1か月短くなってしまったので、
    「1次までは学科に集中 → 合格後2次対策」という作戦では、テイスティングスキルが身につかない可能性もある。
    1次試験の勉強と並行して、テイスティングスキルを磨く事の重要度が増した。

    という訳で、
    今年のJSA試験は、
    いずれの立場の方にとっても、
    「早目の対策」「バランスのよい受験準備」がカギとなりそうです。

    ひと昔前の受験対策では、1,2か月前からの詰め込みでも何とかなりましたが、
    (僕が受験したのは2004年ですが、本格的に受験の勉強をしたのは7月に入ってからでした)
    教本の情報量も年々増えていきますし、現在ではこんな短期決戦は無謀と言っていいでしょう。

    最近の傾向として、学科に関しては「幅広い問題をテンポよく」解いていく能力
    テイスティングは、出題されるワイン自体は定番的なもので、それを「正確な観察・分析をし、ある程度銘柄も当てる」
    事が要求されています。

    つまり、「オーソドックスでソツのない能力」が要求されており、
    早めの段階からの対策、ひとりよがりでないバランスのよい勉強
    が大切な試験となってきています。

    総じて、ワインスクールに通うのが、オススメかな、と思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    (ここから、宣伝です・笑)



    今年のソムリエ・ワインエキスパート受験を目指す皆さん、
    ぜひ、レコール・デュ・ヴァンの受験対策講座をご検討ください!

    資格試験合格の近道は、なんといってもノウハウの蓄積のあるスクールに通う事です。
    もちろん、独学での合格も可能ですよ。
    でも、スクールに通うほうが、圧倒的に効率がいいです。

     
    <ワインスクールに通う5つの理由>

    ワインスクールに通う理由 ‐霾鷦集の優位性

    膨大な試験範囲から、出題頻度の高い項目を厳選して教わる事ができる。


    ワインスクールに通う理由◆.好吋献紂璽覺浜の優位性

    合格への、学習のスケジュール管理が、自然と出来る


    ワインスクールに通う理由 モチベーション管理の優位性

    受験仲間と刺激しあい、モチベーションを高く保てる

    上記は、どんな資格試験の講座にも当てはまると思います。
    でも、中には、「市販の教材を使い、自分で学習スケジュールを管理し、ひとりで高いモチベーションを維持できる」
    と思っている方もいらっしゃるでしょう。

    では、これはどうでしょう?

    ワインスクールに通う理由ぁ.屮薀ぅ鵐鼻Ε謄ぅ好謄ングを数多くこなせる

    こればかりは、独学ではどうしようもない点であり、
    ワインスクールが、他の資格試験予備校などと決定的に異なる点ですね。
    自分で銘柄を選んでは、勉強になりませんし、そもそも自分で買うならスクールに通ったほうが割安です。



    そして、僕の講座では、さらにこんな事も意識しています。

    ワインスクールに通う理由ァ)椶任話里觧のできない、生きた知識、本質的な理解を得る

    試験にパスする事だけが目的なら、あるいは独学でもなんとかなるのかも知れません。
    でも、このソムリエ・ワインエキスパート試験は、パスしてどうにかなる試験というより、
    パスした後、ワインの世界を探究していく、入り口の前のささやかな坂道みたいなもの
    です。

    実は、日本は現在、世界で一番「ソムリエ」の多い国なんです。
    が、残念ながら「ペーパーソムリエ」がかなりの割合を占めています。
    (坂を上って入り口まで来て、記念撮影して坂を下る・・・といった感覚の)
    講座は「坂道を登りきる」ためのものですが、同時に「入口を入ったあとに、どんな楽しい世界が待っているんだろう」と、
    ワクワクさせる、そんな講座にしたいと思っています。


    と、いう訳で、
    長くなりましたが、
    今年のソムリエ・ワインエキスパート試験をご検討中の皆さん、
    ぜひ、
    レコール・デュ・ヴァンの「受験対策講座 実戦」をご検討ください!

    2月末の開講です。
    わたしシノハラは、新宿校の月曜を担当しております。


    現在、無料体験講座や、受験説明会などを、随時開催しております。
    ぜひ、お気軽にスクールを覗きにいらしてくださいね。
    お待ちしております。

    レコール・デュ・ヴァン


     
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック