search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

ロイマーのスパークリング!【アンドレアス氏のセミナー】

0
    もう、少し前になりますが、
    9月10日にオーストリア大使館商務部で行われた、
    Andreas Wickhoff氏による
    ロイマーのセミナーのレポートです。


    アンドレアスとは2013年オーストリア研修以来、
    割と気心知れた(つもりの)仲です。
    同じ年なのですが、
    一年ぶりに会っても、本当に若々しい。
    それでいて、彼はMWホルダーなんだから、
    僕も頑張らないとですね。。。




     
                
    今回は、約20年ぶりのリリースとなる、
    ロイマーのスパークリングワインのお披露目が主な目的だったようです。


    Sekt Extra Brut(Loimer)

    ・原料ブドウは2013年のもの。
    ・手摘み ホールクラスターでのプレス
    ・ブラン・ド・ノワール(67%ツヴァイゲルト 33%ピノ・ノワール)
    ・2014年7月3日瓶詰め 14か月間澱と共に熟成
    ・ドサージュ 4g/l


    つまり、かなりの部分シャンパーニュのワイン造りを踏襲しつつ、
    熟成期間に関しては、そこまで長すぎず(シャンパーニュでは法定15か月で、実際はもっと長く熟成期間をとる所が多い)
    フレッシュさも残すワインづくりだと言えると思います。


    味わいとしては、ロイマーらしいクリーンさが第一印象。
    レモン系のフレッシュな酸味と、
    貝殻・石灰・石鹸?のような香り、
    ほどよいミネラル感、
    クリーミーなタッチで、舌触りはきめ細かいです。
    冷涼なエリアらしい、溌剌として、フレッシュなスパークリングと言えると思います。




    既にこのカンプタール地区で、スパークリングワインで成功している、
    SteinnigerやBrundelmayerと比べると、
    軽快でシャープな方向性で、そこもロイマーらしいと言えばロイマーらしい。

    あとは価格との兼ね合いでしょうかね。。。
    既に輸入され、高い評価を得ている近所のBrundelmayerやSteinnigerと価格差があるのか、ないのか。
    まだ正式に日本に入ってきていませんが、価格を見て、販売するかどうか決めたいと思います。





    ロゼも飲みました。

    Sekt Brut Rose
    ・原料ブドウは2013年のもの
    ・手摘み・ホールクラスターで圧搾
    ・64%ツヴァイゲルト 36%ピノ・ノワール
    (3%のピノ・ノワールの赤ワインをブレンドした)
    ・2014年7月3日にボトリング
    14か月澱と共に熟成
    ドサージュ5g/L


    ロゼも基本的なキャラクターは一緒。
    フレッシュで、クリーンなゼクトという印象。

    他に、ロイマーでは、
    ゼクトのレゼルヴを2年後に出す予定だそうで、
    (つまり4年間澱と共に熟成させてリリース予定)
    そちらは、シャルドネとピノ・グリを使用したブラン・ド・ブランになる予定だそうです。





    もちろん、スパークリング以外のテイスティングもありました。。

    テイスティングしたワインは、以下です。
    Gruner Veltliner Kamptal DAC
    Gruner Veltliner Loiserberg Kamptal DAC Reserve
    Gruner Veltliner Spiegel Kamptal DAC Reserve Erste Lage

    Riesling Kamptal DAC
    Riesling Loiserberg Kamptal DAC Reserve
    Riesling Seeberg Kamptal DAC Reserve

    Pinot Noir Langenlois 2013

    Achtung! Traminer Alte Reben 2013


    2013年初リリースとなるLoiserbergのGVとRieを試飲。

    個々のレビューは割愛しますが、
    2013年からの商品構成の変化が、ちょっと分かりにくかったのを、
    アンドレアスに確認してきましたので、まとめます。


    <Loiserbergおよび、ロイマーの商品構成の変化について>
    Loiserbergは、単一畑で、今までTerrassenという商品にブレンドされていた畑。
    2012年を最後に、Terrassenのレンジはなくなり、代わりに単一畑Loiserbergがリリースされました。

    ロイマーは、2005年にビオディナミ農法を採用して以来、
    徐々に買いブドウの比率を減らしていましたが、
    2013年より、ついに、ベーシックなLOISなどの商品まで自社畑100%となり、
    ロイマーの名を冠するワインは、すべてビオディナミ、となりました。


    ロイマーの商品構成は、
    要するに、ブルゴーニュ式の品質ピラミッドで、
    ブルゴーニュで言う所の、

    ACブルゴーニュ
    村名格
    一級畑
    特級畑

    に近い、4階層なのですが、
    その中身が若干変わりました。



    ベーシック品
    LOIS、LENZ、など

    DAC…州名ニーダーエスタライヒ
    2012まで→ブドウ:買いブドウを含む/ビオディナミとは限らない
    2013以降→ブドウ:自社畑のもの/ビオディナミ


    ミドル品
    GV…緑のラベル/Rie…オレンジのラベル

    DAC…カンプタールDAC
    2012まで→ブドウ:自社畑のもの(複数の畑のブレンド)/ビオディナミ
    2013以降→ブドウ:自社畑のもの(複数個所のブレンド※今までTerrassenに使用されていたものも含む)/ビオディナミ)


    上級品

    2012まで→Terrassenテラッセン
    2013以降→Loiserbergロイザーベルグ

    DAC…Kamptal DAC Reserve

    2012まで→ブドウ:テラス状の斜面の自社畑から(Loiserbergを中心に、複数の畑のブレンド)/ビオディナミ
    2013以降→ブドウ:単一畑Loiserbergのもののみ/ビオディナミ
    ※Loiserbergもエアステ・ラーゲ(一級畑)に格付けされているが、樹齢が高くないのであえて名乗っていない。



    最上級品

    単一畑もの(Spiegel/Kaeferberg/Steinmassl/Seeberg/Heiligenstein)
    DAC…Kamptal DAC Reserve
    ブドウ:単一畑(特に、エアステ・ラーゲ(一級畑)のもの)/ビオディナミ
    ※変化なし


    こんな感じです!
    ロイマー買うならOMG!

    よろしくどーぞ〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック