search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【後編】真夏に美味しいワイン10選

0
    前篇はコチラ

    夏に美味しいワイン
    夏向けのワイン
    いつ飲んでも美味しいけど夏も美味しいワイン
    を10コ選んでいます。

    後半6個めから、10個めです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
                
    6.ドイツ・モーゼルの軽めの甘口リースリング

    上品で高貴な品種リースリング。
    まあ、正直言うといつ飲んでも美味いのですが、
    樽で熟成しないぶん、酸が強く、
    土壌からのミネラル感を強く感じる事が多いので、
    上級のものは、真夏には少しシンドイかも知れません。
    手頃な価格で手に入る、QbAやカビネットクラスで、
    酸とやさしい甘さのバランスの取れているものが、夏にオススメ。

    高品質なワインの国のイメージが強いドイツですが、
    中甘口には商業主義的なワインも多く、
    酸化防止剤てんこ盛りだったりします。
    「酸化防止剤が身体に毒」などと言うつもりはありませんが、
    液体が還元方向に偏りすぎて、味がのっぺりしてしまうんですよ。

    畑仕事が丁寧で、注意深い醸造をする志の高い生産者の、
    手ごろなものを探すのがコツです。

    意外と難しいんですけどね。


    Erdener Trephen Riesling Spatlese (Schwaab-Kiebel) 1986

    これなんか、約30年熟成しているのにまだまだフレッシュですよ。
    コチラ


    7.プロヴァンスのロゼ

    まー、これは誰しも思いつくところではないでしょうか。
    フランス人がヴァカンスで民族大移動する行先のプロヴァンスのワインは当然夏にぴったりです。
    基本低価格なものが多く、ソコソコの味のものが多いのですが、
    たまに、心を動かすような、ナイスな生産者がいます。
    遠く離れた日本で飲むなら、そういう生産者のにしましょう。




    8.オーストリアのシルヒャー・フリッツァンテ


    まあ、季節を問わず年中激押ししているのですが・・・
    夏はキンキンに冷やして飲んでください。
    オーストリアの中でもド田舎の西シュアイヤーマルクの酸っぱいロゼがシルヒャー。
    その酸っぱすぎるシルヒャーを、微発泡をまとわせやさしい風味に仕上げたもの。
    ブドウはヴラウアー・ヴィルトバッハー。
    「黒い牡牛の血」という名のとおり、野性味の感じられる味わいで、どことなく日本のヤマブドウにも似ています。

    Schilcher Frizzante(Reiterer)
    シルヒャー・フリッツァンテ(ライテラー)
    コチラで購入可能。

    9.アルザスのピノ・ノワール

    夏場に飲む赤や、軽いもの中心になりがち。
    上品な香りのピノ・ノワールは全般に出番が多いですが、
    コート・ド・ニュイなどの銘醸地のものは、
    香りが洗練されすぎ・華やかすぎて、うだるような暑さの中のむにはちょっと勿体ない。
    「河原のBBQ会場にセレブのお庭のパーティ的お姫様的女子が来ちゃった」的、オーバークオリティ感があるような・・・

    ニュー・ワールドの果実味たっぷりも、真夏はちょっと暑苦しい・・・

    そんな時は、華やかでありつつ、素朴な雰囲気のあるアルザスのピノがいいのでは?


    Alsace Rouge (Marcel Deiss)2011
    アルザス・ルージュ(マルセル・ダイス)


    ま、このマルセル・ダイスのものは、
    夏に飲むとさらに謎が深まる感じがするかも知れませんが。
    コチラで購入できます。

    10.イビサ島のモナストレル

    これはズバリ、夜に飲んでください。
    地中海に浮かぶチル・アウトの島、イビサ島のワインです。
    イメージの通り、
    濃密で、エキゾティックで、ちょっとエロい味。

    薄い・酸っぱいワインばかりだと飽きるので、最後はこんな怪しい濃密さのあるワインで締めましょう。


    コチラで買ってくださいな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    まとめると

    1.ブラン・ド・ブランのシャンパーニュ
    2.フランス、サヴォワのジャケール種の白
    3.スペイン、バスク地方のチャコリ
    4.ポルトガルのヴィーニョ・ヴェルデ
    5.イタリアのチンクエ・テッレ
    6.ドイツ・モーゼルの中甘口リースリング
    7.フランス、プロヴァンスのロゼ
    8.オーストリア、西シュタイヤーマルクのシルヒャー・フリッツァンテ
    9.フランス、アルザスのピノ・ノワール
    10.スペイン、イビサ島のムールヴェードル赤


    以上、
    シノハラが考えてみた、
    真夏に美味しいワインでした。

    いくつかは購入可能です。
    コチラ


    他のは他所で買ってください(笑)
     
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック