search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【夏のワイン】スパークリングワインの上手な開け方

0
    もうすぐ、スパークリングワインばっかり売れる季節の到来
    (≒スパークリングワインしか売れない季節)

    ソムリエとしては、超〜基礎の基礎なのですが、
    意外と知らない方もいるので、
    シャンパーニュやスパークリングワインの上手な開け方をまとめます。



     
                
    <スパークリングワインの上手な開け方>

    1.ワインをよく冷やしておく。
    スパークリングワインは、冷えが甘いと、抜栓時に盛大に吹きこぼれてしまいます。
    まず、事前の準備として、よーく冷やしておくこと。

    ワインは、テーブルに立てた状態からスタートすると、やりやすいです。

    2.キャップシールを上手に剥がす。
    ほとんどのスパークリングワインは、キャップシールに剥がすためのミシン目やテープがありますので、素直にそこから剥がせばいいです。
    ソムリエは、スティルワインのようにソムリエナイフで綺麗に切って剥がす事もありますが、これはサーブしているときに絵的に綺麗だから。

    3.金具ごと、片方の手でコルクを上から抑える
    (僕の場合は左手)

    親指でコルクの頭を押さえ、残りの指と手のひらでコルクの側面〜瓶上部を握るように持ちます。

    ※金具を外すと、コルクが飛ぶ事があるので、金具ごとコルクを押さえ、抜栓が終わるまでこの片手は動かしません。
    金具を外さず、金具とコルクを一緒に抜く事で、滑りにくく力が伝わりやすくなるメリットもあります。

    4.もう片方の手(僕の場合右手)で、コルクの金具の捩じってある部分を緩め、栓が抜ける状態にする。

    5.左手でそのままボトルを持ち上げ、右手でボトルの底を持つ。

    6.右手で、ボトルをゆっくりと廻す。

    ※これが最大のコツで、「コルクを廻す」のではなく「ボトルを廻し」ます。
    コルクを廻すより、ボトルを廻すほうが少ない力で廻せます。(例えばネジを廻すときに、直径の小さいネジと直径の大きいネジ、どちらのほうがより少ない力でネジが廻せるかを考えれば、おわかりでしょうか。)

    すると、瓶内の圧力でコルクがゆっくりと浮き上がってきます。

    7.コルクが自然に浮き上がるにまかせ、ある程度浮き上がってきたら左手を少し捻ってやる。

    コルクとビンの隙間から、シューっと、静かにガスが漏れていけば、成功です。

    僕はそのままサーブするので、左手でコルクを押さえ、右手でボトルを持ちますが、逆の人も多いです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ま、もう一回おさらいすると、キモは、

    ☆ワインはよく冷やしておく。

    ☆金具は外さず、金具ごとコルクを抜栓する。

    ☆コルクではなく、ボトルの底を廻す。


    の3点でしょうか。

    これを踏まえて、何度か練習すれば、安定して安全に抜栓できるようになります。

    で、練習用のスパークリングはこちらで!

    http://onemoreglass.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=913556


     
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック