search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2014オーストリア出張3】Pittnauerピットナウアー訪問 ワイナリーにて

0
    ↓写真の答えは、記事中ほどにありますよ。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                
    ワイナリーへ移動。

    ウッカリ外観を取り忘れましたが、ワイナリーはGolsゴルスの街中ではなく、
    丘の上、畑の中にあります。
    モダンな建物で、大きさは、オーストリアのワイナリーとしては中規模くらい。

    ちょうど面白い作業をしている所に遭遇しました。


    何をやっているか解りますか?
    木の桶を持ち上げて、タンク付きの小型車に接続して何か流し込んでいます。

    そう。
    木の桶でマゼマゼしたビオディナミ農法の調剤を、
    噴霧するための機能がついた小型車のタンクに流し込んでいる所
    なのでした。
    訪問した日は13日の金曜日、というだけでなく、満月の日
    ビオディナミの暦に則って、調剤を畑に散布する日だったようです。


    ↑こちらは、お約束の500番調剤
    雌牛の角(↓)に雌牛のウ〇チを詰めて、ひと冬土中で熟成させたものです。
    実際手に取ってみるとわかりますが、元がウ〇チだったとは言われなければ判らないほど、
    臭いは全くありません。


    とは言え・・・


    こんな風に食べようとしてはいけませんね。
    (食べてませんよ。念の為)


    ↑これは、先程の木桶に雨水と調剤を入れて、混ぜ合わせるための櫂。
    時計回りにしばらく廻したら、反時計回りに同じ時間廻す。
    渦がぶつかる瞬間に、エネルギーが発生する、とか。
    そんな考え方だったと思います。



    これがビオディナミの調剤を散布する小型車。



    なんとYAMAHA
    日本製でした。

    さらに、ワイナリーの外から、ものすごく強烈な香りが漂ってきます。
    抹茶のような、いい香り。

    で、外に出てみると、先に挙げたこれ。↓
    何かが煮立っていて、その香りが充満していたのでした。



    ええと、これは、やはりビオディナミの調剤である、
    イラクサを煮出している所なのでした。
    504番調剤ですね。



    香りは、本当に、抹茶や、ヨモギみたいな感じです。
    もちろん飲んでも害はないという事で、少し飲ませてもらいました。
    味も、まあ、お茶ですね。
    なぜか、ういろうを思い出しました。ういろうを食べた時のような香りが口の中に拡がりました。



     
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック