search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2013オーストリア研修5】フレッド・ロイマー2012/2011テイスティング

0
    ロイマーのワインをロイマー氏の説明を聞きながらテイスティングします。

    実は昨年もロイマーを訪問してまして、この時も太っ腹で、(というかこの時はアテンドしてくれた岩城ゆかりさんのお蔭だったのですが)
    ロイマーのワイナリーに近隣の有名生産者が集まり、計4つのワイナリー30種ばかりをテイスティングしたのでした。

    今回はロイマーだけなので、まあ10種類くらいかなーと思っていたのですが・・・
    以下テイスティングリスト


    青・・・品種
    赤・・・畑名
    緑・・・DACフランスのAOCみたいなもの ラベル表記上のきまり
    黄・・・生産者団体による畑の格付けErste Lageは直訳すると、1級の畑という事だが、特級はないので、これが最上


    ◎は僭越ながらシノハラがハイスコアをつけたもの(いちおう、20点満点で17点以上のつもりです。品評会なら銀賞以上ということ)
                



    Grüner Veltliner
    Kamptal DAC 2012
    Terrassen Grüner Veltliner Kamptal DAC Reserve 2012


    Riesling
    Kamptal DAC 2012
    Terrassen Riesling Kamptal DAC Reserve 2012 (barrel sample) ◎

    まずは広域DACのスタンダード品と、原成岩のテラス状の畑たち(Terrassen)主体の上級品の比較。
    いつも思うのですが、ここのテラッセンのリースリングはいつもとてもいいです。

    以下、単一畑もののヴィンテージ比較
    Langenlois Spiegel Grüner Veltliner KamptalDAC Reserve 2011 Erste Lage
    Langenlois Spiegel Grüner Veltliner KamptalDAC Reserve 2012 Erste Lage (barrel sample)

    Langenlois Käferberg Grüner Veltliner Kamptal DAC Reserve 2011 Erste Lage ◎
    Langenlois Käferberg Grüner Veltliner Kamptal DAC Reserve 2012 Erste Lage (barrel sample) ◎

    Langenlois Steinmassl Riesling Kamptal DAC Reserve 2011 Erste Lage
    Langenlois Steinmassl Riesling Kamptal DAC Reserve 2012 Erste Lage (barrel sample)

    Langenlois Seeberg Riesling Kamptal DAC Reserve 2011 Erste Lage
    Langenlois Seeberg Riesling Kamptal DAC Reserve 2012 Erste Lage (barrel sample)

    Zöbing Heiligenstein Riesling 2011 Erste Lage
    Zöbing Heiligenstein Riesling 2010 Erste Lage ◎

    2011年は非常にいい年と言われていて、しかしながら日本人とってはややマッチョなキャラクターという認識があり、冷涼だった2012年は欧米での評価は高くないものの、日本人にはこちらのほうがいいのでは・・・と思っていたのですが、
    較べてみるとどうも2012年は、上品なのですがコアの部分が弱すぎるような気がしてしまいます。


    ロイマーは最近、いろんな成り行きがあってテルメンレギオン地区(ウィーンの南隣のワイン産地)のワインを手掛ける事にもなったそうで、以下テルメンレギオンのワインも加わります。


    テルメンレギオンは中世にはとても有名だった産地で、石灰質土壌の東向き斜面が中心であり
    「オーストリアのコート・ドール」という異名があります。
    ここでも中世よりシトー派の修道士がワイン造りに励んだ歴史もあって、ブドウ品種はブルゴーニュ系のシャルドネやピノ・ノワールがあり、
    またツィアーファンドラーやロートギブフラーという素晴らしい地葡萄もあります。

    In Gumpoldskirchen 2011 ツィアーファンドラーとオートギブプフラーのブレンドの白
    In Gumpoldskirchen 2012 (barrel sample)

    An der Südbahn 2011 (barrel sample) ザンクト・ラウレント、ピノ・ノワール、ツヴァイゲルトのブレンド
    Anning Pinot Noir 2011 (barrel sample)



    Pinot Noir
    Langenlois 2011
    Dechant Pinot Noir 2011 (barrel sample)



    そして今年初リリースとなる「オレンジワイン」しかも「ゲミシュターサッツ」のこちら

    Achtung! Gemischter Satz 2011


    オレンジワインをご存知の方はその強烈な個性で「飲めない」「ギリギリ飲める」ものも多くあるのをご存知でしょうが、これは皮醸しワインとしてはバランスがとれていて、意外に普通に飲めました。美味しいです。



    でも残している方もいたので、やはり個性的ではあるのでしょう。
    上質なグラッパのアルコールを低くしたような印象です。


    今年の秋以降日本にも輸入されるようなので、ご期待ください。


    以下リスト外のワインなので、銘柄の記述が僕のメモ書きによるものになり、何か間違いがあるかも知れませんがご容赦のほどを。


    Achtung! 2007 Termenregion
    皮醸しのオレンジワインをテルメンレギオンでも造ったようです。


    Riesling
    Steinmassl 2007
    リースリングの看板畑の2007年も出してくれました。



    Riesling Steinmassl 1997
    リースリングとしては焦点がぼやけているような印象を持ちましたが、何とも言えない優しさも感じられ美味でした。


    Chardonnay
    Gumpoldskirchen 2005

    Chardonnay
    2006
    テルメンレギオンのシャルドネは美味しいですね。シャサーニュ・モンラッシェ的な味わいでした。
    (ちなみに今回訪問したどの生産者も、シャルドネが看板ではありませんがシャルドネが実によかったです。
    シャルドネという品種はややニュートラルな個性でその分造り手の力量がモロに出ますので、やはり皆さんプレミアムな生産者という事ですね!)


    一本抜栓したままサーヴされないでいたワインを見つけた日本のインポーターの☆☆☆☆氏と僕で勝手に飲みました。(すいません)
    ☆☆☆☆は判る人にはわかりますよね。

    Grüner Veltliner Käferberg 1994



    サーヴし忘れたのかと思っていたのですが、味わいに何のとっかかりもなく、テイスティングして出すのを止めたのかも知れません。






    生産者が飾ってある他の生産者のワインを見るのも、
    彼らがどんなワインにインスパイアされてきたのかが想像できて、楽しいものです。


    まあ、ともかく!

    畑などで試飲した銘柄も含めると何と30種類のテイスティング!!(一つは自分で勝手に飲んだんですけどね)
    ひとつの生産者の試飲としては、ギネス級なのではないでしょうか?
    (もちろんブルゴーニュの大ネゴシアンや、ニューワールドの大規模ワイナリーならあるのかも知れませんが、ここはオーストリアです。)

    普通のテイスティングのつもりで臨んでいましたが、あんまり多いので途中から思考停止してしまいました。
    ロイマー氏、太っ腹すぎです。

    夏以降に、彼の2012年ヴィンテージが入荷しますので、
    是非皆さんも「絵になる男」で、「演出上手」で、「太っ腹
    そして何より素晴らしいクオリティの彼のワインをお楽しみください。

    僕も頑張っていっぱい売ります!!




    ・・・やっと1つめのワイナリーレポート終了。
    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック