search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【2013オーストリア研修4】フレッド・ロイマーのワイナリー

0
    畑を後にして、ロイマーのワイナリーへと移動します。

    彼のワイナリーは、通称「ブラックボックス」現代美術館かと思ってしまうような、モダンな外観です。

                
    一階部分には、ブドウを運びこむスペースのほかに、カンプタールの銘醸畑を望む展望ルームがあります。



    この展望ルームでいきなりレアな銘柄
    Zöbing Kogelberg Sämling 88 & Veltliner 2012
    のジャブが入ります。


    Nomaにリクエストされて特別に造った、的な事を言っていたような気がしますが、
    すいません、ちゃんと聞いてませんでした。
    カビネットクラスの甘さで、アルコール低めの、それでいて奥深い味わいでした。


    この後、醸造設備を案内されたのですが、
    ここの大きな特徴はグラヴィティ・フローシステムを採用している事。

    グラヴィティ・フローなんて言うとかっこいいですが、和訳は「重力システム
    要は醸造設備が地上から地下数階まで、垂直的に配置されていて、
    液体がポンプを使わずに次のステージへ進むという事です。

    その程度でワインの味に影響があるのかと思ってしまうかも知れませんが、
    明確にクオリティが上がるようで、現在世界中で意識の高い生産者が採用しつつあります。
    つくづくワインは繊細なものです。

    収穫されたブドウは地上部分で果梗を取り除いたり、搾られたりして、


    ↑地下一階で発酵が行われて(天井付近にあるパイプで、地上からの液体がタンクに自然に流れる)


    ↑地下二階で熟成等の過程が行われる、という訳。


    このワイナリー、実は200年ほどの歴史のあるセラーを1999年?に購入したものという事で、
    地下二階からその古いセラーへと横方向に続いており、色んなステージで熟成中のワインがストックされています。


    とても外観からは想像がつかない地下です。


    ↑昔はこの階段から、大変な思いをしてワインを運び出したんだよ、的なお話で、
    この地域のワイン造りの伝統・歴史の重みに思いを馳せさせておいて・・・



    ↑階段を上りきり扉を開けると、モダンなテイスティングルームに到着!!



    ・・・

    演出がエロすぎますよ!!

    ほとんどバブル時代のクリスマスのデートのような、緻密な計算がされた見学コースです。

    これならどんな女性でもイチコロでしょう(笑)



    そして、ここから怒涛のテイスティングが始まります!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック