search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ
ポチっとクリックお願いします。

ワンモアグラスのワイン販売

オンラインショップ

Wine Shop OMG!
オーストリアワイン大使厳選ワイン
銘醸ブルゴーニュワイン等々
オンラインショップはコチラ

ワイン頒布会


2か月に1回、各回5本の頒布会です。
コチラをご覧ください。

(株)ワンモアグラスのHPいろいろ

(株)ワンモアグラス

(株)ワンモアグラス Facebookページ
ぜひ、「いいね!」して下さい。

(株)ワンモアグラスのYouTubeチャンネル
新着ワインの体当たりレビュー など

レアものGet率UP!メルマガ

ネットショップに先行して、入手困難な銘柄をご紹介したり、 ネットショップより5%程度安く購入する事が可能です。 週1回程度の配信で、煩わしくもありません。 ぜひご登録ください。
お名前
メールアドレス

Ad by Google

categories

selected entries

recommend

recommend

recommend

ブルゴーニュワイン大全
ブルゴーニュワイン大全 (JUGEMレビュー »)
ジャスパー モリス MW
英語版、ほとんど読み進めてなかったら、もう日本語訳が…

links

profile

others

archives

recent comment

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

【牡蠣とワイン】マリアージュを検証しました! その1 生牡蠣 【順当?意外?】

0

    2017年1月28日

    牡蠣とワインのマリアージュを検証する会を開催しました。

     

    牡蠣とワイン

     

    よーく語られるテーマです。

    いろんな意見があります。
    しかし、反対意見も多い。
    まさに諸説入り乱れている状態

     

    実際のところ、どうなのか。

     

    という事で、検証しました。

     

                 このエントリーをはてなブックマークに追加



    2016/12/01 ステップアップテイスティング資料

    0

       

      Taylor社 日本語パンフレット

       

      https://drive.google.com/file/d/0By-ZTAqUkHPQeTYwcnZYYXVyZlk/view?usp=sharing

                  
      このエントリーをはてなブックマークに追加



      【ソムリエ試験対策】99.9999%出ない問題 解説3

      0

        99.9999% 出ないソムリエ試験問題 

         

        3つ目の問題の、解答(例)です。

         

        <問題>

        次のレストランの客とソムリエの対話を読んで、問に答えよ。

         

        客「この1988年のシェゾーのグリオット、どっちの?」
        ソ「ポンソでございます」

         

        問:この、ブルゴーニュオタクどうしのやり取りを、

        ごく普通のワイン愛好家にもわかるように、300字以内で説明してください。
        答えには、「メタヤージュ」という単語を使うこと。

                     このエントリーをはてなブックマークに追加



        【ソムリエ試験対策】99.9999%出ない問題 解説1

        0

          先日ノリで作った問題、

           

          「ちゃんと解答せい」

           

          と2人くらいに言われましたので、解答例を書いてみます。

           

          問題はこちらの記事にあります。

           

          今日は、一つ目の問題を。

           

          次の先輩ソムリエAと、後輩ソムリエBのテイスティングをしながらの対話を読んで、各問に答えよ。


          A:「このワインは、品種の特徴がとてもよく出ている」
          B:「具体的には、どのような香りと味わいに、特徴が出ていると思われるのですか?」
          A:「しおれたバラや、タール、葉巻のような香りと、ドライで、酸味・タンニンともに非常に力強いところかな」

                       このエントリーをはてなブックマークに追加



          【ソムリエ試験対策】99.9999%出ない問題

          0

            ソムリエ試験1次まで、あと12日です。

             

            みなさんの不安がヒシヒシと伝わってきます。

            まずは基本をしっかりと、復習してくださいね。

             

            ソムリエ試験は例年、マークシート方式です。

            でも、今年、突然筆記試験が出たら、どうなるか???

             

            そんな事を生徒さんと話していました。

            ま、その時は「本当の」実力で勝負するしかないですね。

             

            無責任な事を言うと、

            ある意味、そっちの方が楽しそうです。

             

             

            で、興に乗って筆記問題を作ってみました。。。

            しかも、かなりの難問です!

            これが出来たらシニアソムリエ級ですね。

             

            できるかな?

             

                         このエントリーをはてなブックマークに追加



            【ソムリエ試験対策?】99.9%出ない問題 その1

            0

              ソムリエ試験まであと20日余り。

               

               

              ワインスクールの補講用の、

              創作問題をいろいろと考えているのですが、、、

               

              「試験には、ほぼ間違いなく出ない。

              だから

              ボツ、

               

              ・・・なんだけど、

              自分としては、

              結構重要だと思うから知っておいてもらいたい。」

               

              そんな、問題を思いついてしまったりするのです。。。

               

               

              ソムリエ試験対策としては、完全に蛇足。

               

              でも

              個人的には、

              「オーストラリアで初めてワインが造られたのが何年か」

              (それが現在のオーストラリアワインと何の関係が???)

              とか、

              「シャトーヌフ・デュ・パプで使用できない品種」

              (入ってないんだから、関係ないじゃん???)

              とか

              そんなのを覚えさせるより、よっぽど大事だと思うんだけどな??

               

              たとえば、こんな問題。

               

                           このエントリーをはてなブックマークに追加



              【ワインエキスパート2次試験】シノハラによる解説

              0
                本日、JSAソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート2次試験でした。

                受験生の皆様、お疲れさまでした。

                実は、僕もワインエキスパートを受験してきました。
                以下、
                出題されたワインと、どのようにしてそのワインにアプローチするのか、の僕なりの解説です。



                 
                             このエントリーをはてなブックマークに追加



                【ブルゴーニュ】ロマネ・コンティに関するデータ

                0
                  前回に続き、レミントン・ノーマン著

                  ブルゴーニュのグラン・クリュ
                  より

                  ロマネ・コンティのお勉強。
                  味わいの表現より、そもそもどんな畑だっけ?というテクニカルな情報がなかったので。
                  そこを少し補ってみます。




                   
                               このエントリーをはてなブックマークに追加



                  【ドイツワイン】エクスレ度に関して【JSA試験対策】

                  0
                    ドイツワインの
                    Kabinettカビネット
                    SpatleseシュペトレーゼAusleseアウスレーゼ 等の収穫時糖度による分類の基準となる
                    糖分測定法は

                    Ferdinand Oecsleフェルディナンド・エクスレ氏が1830年に発明した比重計が使われています。
                    その比重計で採用されるのが、エクスレ度と呼ばれるもの。

                    JSAソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート試験の必須知識のひとつです。
                                 このエントリーをはてなブックマークに追加



                    ビオディナミって何?【9つの調剤】

                    0
                      「ビオディナミ」と訊いて、

                      「ああ、牛の角に牛のウ○チ詰めて、地面に埋めておいたやつを畑にまくんでしょ?」
                      くらい知っている方は結構多いです。

                      いわゆるプレパラシオンの500番ですね。

                      他にもいっぱい調剤あります。
                      詳しい説明は置いておいて、とりあえず列挙してみます。

                      ビオディナミのプレパラシオン(調剤)

                      500…雌牛の角に雌牛の糞を詰めて土中で熟成させる 雨水で溶いて畑にスプレーする
                      501…水晶を砕いてやはり牛の角に入れ土中で寝かせる。こちらもスプレー
                      502…西洋ノコギリ草 アカシカの膀胱に詰めて寝かし、夏に撒く
                      503…カモミール 牛の小腸につめて、春に撒く
                      504…ネトル(イラクサ)煎じて使う
                      505…ミズナラ(オーク)樹皮を砕いて家畜の頭蓋骨に入れて熟成させたものを使う
                      506…西洋タンポポ 牛の腹膜につめてひと冬寝かせたのもを使う
                      507…ヴァレリアン(西洋カノコ草) 絞った汁を発酵させて使う
                      508…スギナ 煮出す

                      う〜ん。
                      ワケわからんものも多いですね。
                      でも、実際ビオディナミの効果はあるようで。
                      そこがまた、不思議ですねえ。
                                  
                      このエントリーをはてなブックマークに追加



                      | 1/3PAGES | >>